税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ
すべての記事

2018.11.14.Wed「2019年3月31日までに相続が発生したら、税理士との相続税申告業務の委任契約締結を急いだ方がいいって本当!?」

先日「不動産業者が消費税増税時に得するポイントを考える!」にて、消費税が10%に増税になる際の工事の請負等に関する経過措置をみましたが、今日は、工事の請負以外にどんなものがこの経過措置の適用対象となるのかがテーマです。   ...続きを読む

2018.11.02.Fri「貸付事業用宅地に関する小規模宅地特例の改正をぐっと掘り下げて考えてみた!」

平成30年度の税制改正大綱が出た時点でもブログ(【平成30年度税制改正大綱】小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例見直し~貸付事業用宅地の見直し案~について思うこと)に書きましたが、実際平成30年4月1日以後の相続から ...続きを読む

2018.10.21.Sun「絶対知っておきたい《取得日》と《事業供用日》の使い分けについてまとめてみた!」

法人でも個人事業主でも減価償却費を計算するときには、その資産の「取得日」と「事業供用日」を確認する必要があります。実務では、この2つを同日として扱ってほぼ問題がないのですが、それでも厳密に判定しないとイタイ目にあうことがあり ...続きを読む

2018.10.15.Mon「不動産を売る前に読んでほしい!『ここが変だよ、大手不動産会社』」

−不動産会社といえば、悪質な囲い込みや先般のかぼちゃの馬車事件での預金残高の改ざんなど一般消費者を食い物にするびっくりするようなニュースを見聞きします。    あのような不動産会社は氷山の一角なのか、それともごく一部の業 ...続きを読む

2018.10.09.Tue「不動産業者が消費税増税時に得するポイントを考える!」

いよいよ来年2019年の10月1日より消費税率が原則10%に引き上げられそうです。今回は5%から8%に引き上げられた前回と異なり、酒類・外食を除く飲食料品、週2回以上発行される新聞については、軽減措置として8%の税率が維持され、いわゆる ...続きを読む

12345...10...
12345...10...
ダウンロード
税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.