税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ
すべての記事

2019.06.14.Fri「いろんな疑問の残る【所有者不明土地法】に関する税務の取り扱い」

平成30年11月に一部施行されていた法務省及び国土交通省が所管する「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が令和元年6月1日に全面施行されました。これに先立って平成31年度税制改正大綱において、この略して「所有者不明土 ...続きを読む

2019.04.10.Wed「都心でマンション《売ったら》《売るなら》アレのチェックが欠かされへんで!」

先日とあるクライアントから法人で所有し、社宅として利用していたマンションの売却に関して相談を受けました。大阪市内のとあるタワマンの1室なんですが、数年前に買ったものがなんと1,000万円近く値上がりしていて譲渡益が出るというので ...続きを読む

2019.04.02.Tue「セールアンドリースバックと代物弁済を組み合わせたら社長の相続税の節税になるって本当?!」

今回のブログネタは、同族企業における役員(オーナー)借入金の清算による相続税対策です。同業者にはどうせバレるので先に白状しておきますが、執筆時点で最新号の税務通信の記事を拝借して記事にしてますので悪しからず。。(笑)   ...続きを読む

2019.03.28.Thu「民法改正の目玉《配偶者居住権》の税務上の取扱いを確認する!」

先般の民法改正により創設された《配偶者居住権》が来年2020年の4月からいよいよスタートします。この制度が相続の実務に与える影響は思いのほか大きなものになりそうです。制度そのものの解説は他に譲り、ここでは相続税の計算に与える影響 ...続きを読む

2019.03.15.Fri「相続した同族会社株式を自己株買いしてもらうことを想定した退職金の設定が大事な場合もあるんやで!」

出資した金額以上の金額で株式を(自社に)買い取ってもらったり、資本の払戻しを受けたりすると、通常は利益を積み立ててきた部分に相当する金額は配当とみなされることとなります。しかし、相続により取得した株式を相続税の申告期限から3 ...続きを読む

12345...10...
12345...10...
ダウンロード
税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.