税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ
すべての記事

2019.01.06.Sun期限後申告と小規模宅地特例および配偶者の税額軽減の関係は、実は・・・

先日実務で久々に申告期限を過ぎてしまっている相続税の申告業務に遭遇しました。そして、その相続財産にはマイホームも含まれていたわけですが、果たして、この相続人である依頼者は相続税の期限後申告において小規模宅地の特例制度を適用 ...続きを読む

2018.12.11.Tueマイカー、貴金属、書画その他生活用の動産を売却した際に確定申告は必要か?

私事ですが、今年のお盆に実家の大掃除を手伝いました。その中で結構な量の書画や坪、着物、家具などをリサイクルショップに持ち込んで処分しました。買取金額は雀の涙にも満たないようなものでしたが、「これが資産家一族の場合にはどうな ...続きを読む

2018.11.29.Thu確定申告の作成時には《雑損控除》の適用の検討を忘れるな!

平成30年は、本当に日本全国災害が多かったですね。災害により住宅や家財に大きな損害を受けた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。「平成30年7月豪雨に大阪府北部地震、台風21号など大災害が続いていますが、被災事業者の方は税 ...続きを読む

2018.11.14.Wed相続が発生したら、税理士との相続税申告業務の委任契約締結を急いだ方がいいって本当?

先日「不動産業者が消費税増税時に得するポイントを考える!」にて、消費税が10%に増税になる際の工事の請負等に関する経過措置をみましたが、今日は、工事の請負以外にどんなものがこの消費税の経過措置の適用対象となるのかがテーマです ...続きを読む

2018.11.02.Fri貸付事業用宅地に関する小規模宅地特例の改正をぐっと掘り下げて考えてみた!

平成30年度の税制改正大綱が出た時点でもブログ(【平成30年度税制改正大綱】小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例見直し~貸付事業用宅地の見直し案~について思うこと)に書きましたが、実際平成30年4月1日以後の相続から ...続きを読む

ダウンロード
税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.