税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ

不動産の財産評価は◯◯じゃ!」の記事一覧

2018.04.21.Sat相続税上の取り扱いが変わった《歩道状空地》の評価を再チェック!

 平成29年7月24日に国税庁より、「財産評価基本通達24 《私道の用に供されている宅地の評価》における「歩道状空地」の用に供されている宅地の取扱いについて」が公表されました。  お知らせとして公表されたものですが、「歩 …続きを読む

2018.03.26.Mon『地図』と『地図に準ずる図面』の違いってなんですの?

 我々が相続税の申告にしろ(不動産を所有する)法人の株価算定にしろ、土地の評価をしようという場合には、市役所での物件調査と並んで重要となるのが法務局での資料収集です。       役所での物 …続きを読む

2017.12.24.Sun相続税評価の際にも大事って言うけど『容積率』って何が大事なの?

財産評価における容積率      土地の相続税評価額を算出する際に、「容積率」って重要ですよね。      いや、重要ですか??      「容積率」が計算に影 …続きを読む

2017.12.17.Sun災害による損耗が激しい家屋や建築様式が著しく旧式となっている場合の家屋の相続税はどうなる?

家屋の相続税評価      財産評価基本通達によると、家屋の相続税評価額は「固定資産税評価額倍率方式」により評価することとされています。    その倍率については、国税庁の財産評価基準書にお …続きを読む

2017.12.10.Sun倍率方式により宅地を評価する場合の見落としがちなたった1つの注意点

宅地の評価方式      宅地の相続税評価を行うに当たっては2通りの方式があります。    市街地的形態を形成する地域にある宅地については「路線価方式」で評価し、それ以外の宅地については「倍 …続きを読む

税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.