税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度」は、60歳以上の直系尊属から20歳以上の推定相続人である子又は孫への贈与について、受贈者の選択により、暦年課税に代えて、適用を受けることができる制度のことをいうのじゃ。

 

ちなみに、贈与時には累計2,500万円の特別控除額を超える部分について一律20%の税率による贈与税を納付し、贈与者の相続時には、その贈与財産の価額を課税価格に合計して相続税額を計算し、すでに納付した贈与税相当額を控除する仕組みになっておる。

 

そこから相続時精算課税制度は、相続税・贈与税の一体化措置ともいわれているのじゃ。

 

ご注意

当サイトの内容については、著者の私見であり提供する情報等のすべてがご覧頂く方皆様にとって正確で有用なものであることを保証するものではありません。
また予告なしに内容を変更あるいは削除することがあります。

税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.