税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」とは、住宅取得を促進するという政策的な配慮による措置として、平成24年1月1日から平成33年12月31日までの間に20歳以上の者(その年の合計所得金額が2,000万円以下のものに限る)がその直系尊属からの贈与により、自己が居住する住宅の取得等の対価に充てるための金銭を取得し、翌年の3月15日までに一定の新築等を行った場合において、同日までに居住の用に供したとき(又は同日後遅滞なく居住の用に供することが確実であると見込まれるとき)は、その住宅取得等資金について、一定金額まで贈与税が非課税となる制度のことじゃ。

 

親のすねかじりを促進するようじゃが、相続税の節税効果は大じゃ。

ご注意

当サイトの内容については、著者の私見であり提供する情報等のすべてがご覧頂く方皆様にとって正確で有用なものであることを保証するものではありません。
また予告なしに内容を変更あるいは削除することがあります。

税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.