税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話

ソウゾク
木下陽介のブログ 木下陽介のブログ

寄与分

寄与分」とは、被相続人の財産の維持や増加に特別の貢献をした相続人は、相続分を多くできることじゃ。

例えば、年老いた親を介護等でしっかり面倒をみた長男と、遠方で暮らし、何の援助もしていない次男が相続人といったケースでは、長男に寄与分が認められるというわけじゃ。

ご注意

当サイトの内容については、著者の私見であり提供する情報等のすべてがご覧頂く方皆様にとって正確で有用なものであることを保証するものではありません。
また予告なしに内容を変更あるいは削除することがあります。

税理士と不動産のプロ達による不動産相続のヒソヒソ話 COPYRIGHT (C) YOSUKE KINOSHITA ALL RIGHTS RESERVED.